公開講演会「神饌と神道文化―神々への供えものを考える―」

本年度の神道文化会の公開講演会については、先般オンライン形式での講演会として「神饌と神道文化―神々への供えものを考える―」を開催する旨告知を致しましたが、おおよそその内容が固まりましたので、ここにご案内致します。

公開内容

①「官國弊社の特殊神饌について」

文化庁芸術文化調査官 吉野亨 氏

②「宮座の祭りにみる『特殊神饌』」

長尾神社宮司・一般財団法人大阪国学院講師 吉川雅章 氏

③吉野・吉川両先生による座談会

(司会 本会理事・國學院大學神道文化学部准教授 藤本頼生)

※①・②ともに30分程度の音声付きのスライド映像に基づき、お話戴きます。③の座談会については、両先生のお話を振り返りながらリモート形式で、神社にて神々への供えものとして献じられる神饌と人々との関わりについて、3方による簡単な討議(録画編集30分程度)を行います。

公開日

令和3年6月22日(土)午後1時頃を予定(なお、都合により変更する可能性がございます)

公開先

一般財団法人神道文化会ホームページ(http://s-bunka.com/)

なお、講演・座談会とも期間限定の配信です(約2か月程度)

オンライン座談会については、講師の先生方の日程の都合や録画編集上の都合などもあり、①・②の講演とは同時公開ではなく6月末までに公開の予定です。

また、例年の公開講演会にて実施しております質問等についても今回は録画形式での配信ですので、受け付けておりませんので、ご了承くださいませ。

以上